テクノバは、エネルギー・環境、交通、先進技術分野の調査・研究、コンサルティング、プロモーションを行なうシンクタンクです。

日本語 英語 EINGLISH 中国語 簡体字
ホーム テクノバとは 事業分野 アクセス 採用情報 お知らせ お問合せ
ホーム > 平成28年度経済産業省・国土交通省委託事業「自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究」シンポジウム開催報告(開催日:2017年3月7日)

2017年3月7日に東京都千代田区で、「自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究」シンポジウムを開催いたしました。有識者による講演とパネルディスカッションを通じて、自動走行車の事故時の「法的責任」および「社会受容性」の課題について、200名を超える参加者とともに、理解を深めました。

1.シンポジウム概要
日時:2017年 3月7日(火)13:00~17:30
会場:
TKPガーデンシティPREMIUM神保町<プレミアムボールルーム>
(東京都千代田区神田錦町3-22 テラススクエア3F)
参加者:203名(関係者のぞく)
2.背景
  • 自動走行技術は、交通事故の低減や、過疎地や高齢者などの交通弱者を支援する可能性を持つものとして期待されており、既に実用化されている衝突被害軽減ブレーキなどの予防安全・運転支援技術をベースに、世界中で自動走行の技術開発が進んでいます。
  • しかし、自動走行のクルマがかかわる交通事故の責任や保険はどうなるのか、消費者が自動走行の機能を正しく理解し自動走行のクルマのメリットを享受するためにはどうしたらよいかについての議論は国内外でまだ始まったばかりです。
  • 本シンポジウムは、平成28年度経済産業省・国土交通省委託事業において、技術・消費者・法律3分野の有識者と議論を重ねて整理した自動走行車の事故時の「法的責任」および「社会受容性」の課題を社会に広く示すことにより、今後の議論を促進することを目的として、開催いたしました。

3.シンポジウム内容
  • 有識者による自動走行技術の動向の紹介に加え、本事業において抽出された自動走行車の事故時の民事・刑事上の法的責任および社会受容性の課題を、本事業委員から報告しました。パネルディスカッションでは、消費者と企業のコミュニケーションをテーマに、消費者代表、法曹、業界団体、行政、メディアという異なる視点から広くご意見の提起と交換をいただきました。
  • は、大学等研究機関、メーカー、商社、保険、消費者団体、自動車教習所、法曹、自治体・官公庁等、各方面から参加をいただきました。
  • 会場では、㈱デンソー製ドライビングシュミレータをご希望のあった参加者に体験いただきました。
4.プログラムとタイムスケジュール
1.基調講演「自動走行技術の社会導入の嬉しさと導入のロードマップ」13:00~13:30
   清水 和夫 氏(国際自動車ジャーナリスト)
2.成果報告(1)13:30~14:10
①研究事業活動サマリー
   髙畑 敬信 氏 ((公財)自動車製造物責任相談センター事務局長)  資料①  資料②
②ご講演「自動走行技術の現状と課題」
   河合 英直 氏((独)自動車技術総合機構 交通安全環境研究所 自動車研究部長)  資料
③ご講演「自動走行と安全対策」
   池田 良彦 氏(東海大学法学部 客員教授) 資料
3.成果報告(2)本事業で抽出した課題  14:10~15:10
①「現行の刑事責任の考え方と自動走行での課題・懸念」
   今井 猛嘉 氏(法政大学法科大学院 教授) 資料
②「現行の民事・損害賠償制度と自動走行での課題・懸念」
   浦川 道太郎 氏(早稲田大学名誉教授)  資料①  資料②
③「自動走行に対する社会・消費者の期待と懸念」
   宮木 由貴子 氏((株)第一生命経済研究所 主席研究員) 資料
(休憩 15分)
4.模擬裁判報告「模擬裁判を用いた自動走行車の事故の民事的責任の課題の考察」 15:15~16:00
   中山 幸二 氏 (明治大学法科大学院 教授) 資料
5.パネルディスカッション
「ユーザーが安心して自動走行の車を使用するために必要なこと」 16:15~17:15
<モデレーター>
   清水和夫氏
<パネリスト>
   浅見 尚久 氏((一社)自動車公正取引協議会 事務局長)
   市川 類 氏 (内閣官房 情報通信技術 総合戦略室 参事官)
   古笛 恵子 氏(コブエ法律事務所 弁護士)
   髙畑 敬信 氏((公財)自動車製造物責任相談センター事務局長)
   辰巳 菊子 氏((公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 常任顧問)
6.質疑応答 17:15~17:25
7.閉会挨拶 17:25~17:30
   久保田 秀暢 氏 (国土交通省自動車局 技術政策課国際業務室長)
5.シンポジウムの様子


6.お問い合わせ先
株式会社テクノバ 調査研究部 (担当: 鈴沖 崎山)
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー13階
電話:03-3508-2280
e-mail:technova-sympo@technova.co.jp